ノートルダム大学

2020年からオーストラリアでカンナビノイド(CBD,THC)の認知症治療の臨床試験が開始

この研究の結果は、オーストラリアだけでは無く、世界的に認知症治療の変革をもたらす可能性を持っています。 認知症とアルツハイマー病の患者を助ける事は、患者自身だけでなく、家族、愛する人、介護者と関わる人の生活を大きく変えるでしょう。