2/3ページ

2/3ページ

2020年からオーストラリアでカンナビノイド(CBD,THC)の認知症治療の臨床試験が開始

この研究の結果は、オーストラリアだけでは無く、世界的に認知症治療の変革をもたらす可能性を持っています。 認知症とアルツハイマー病の患者を助ける事は、患者自身だけでなく、家族、愛する人、介護者と関わる人の生活を大きく変えるでしょう。

「CBDで夫は80歳で生まれ変わり、今は本当の意味で生きています!」イタリア、ルチアーノ夫妻の物語

 80歳になる夫、ルチアーノメレゲッティは、CBDのおかげで人生に戻る事ができました。 彼は長年認知病に苦しみ、話もしなくなり、もはや感情の反応すら無い事が多く、自分で歩いたりする事もあまり […]

2019年国際カンナビノイド医学協会会議で報告された、カンナビノイド(CBD等)の認知症への効能

高齢者は現在、世界中で最も急速に成長しているカンナビノイド利用層になっていますが、、カンナビノイドは高齢者にとって安全でしょうか?メリットは何でしょうか?この質問には、イスラエルの研究者で高齢者カンナビノイド臨床ディレクターであるイリヤ・レズニック博士が返答しました。

神経科学の権威が、25年以上掛けて遂に見つけた、認知症へ有効な唯一の物はCBDだった

アルツハイマー病は、記憶やその他の重要な精神機能を破壊する神経変性疾患で、アルツハイマー病協会によると、米国で主要な死因の6番目であり、乳癌と前立腺癌を合わせた数よりも多くの人を殺しています。 この病 […]