CBD-認知症-研究レポート

1/2ページ

2020年からオーストラリアでカンナビノイド(CBD,THC)の認知症治療の臨床試験が開始

この研究の結果は、オーストラリアだけでは無く、世界的に認知症治療の変革をもたらす可能性を持っています。 認知症とアルツハイマー病の患者を助ける事は、患者自身だけでなく、家族、愛する人、介護者と関わる人の生活を大きく変えるでしょう。

2019年国際カンナビノイド医学協会会議で報告された、カンナビノイド(CBD等)の認知症への効能

高齢者は現在、世界中で最も急速に成長しているカンナビノイド利用層になっていますが、、カンナビノイドは高齢者にとって安全でしょうか?メリットは何でしょうか?この質問には、イスラエルの研究者で高齢者カンナビノイド臨床ディレクターであるイリヤ・レズニック博士が返答しました。

神経科学の権威が、25年以上掛けて遂に見つけた、認知症へ有効な唯一の物はCBDだった

アルツハイマー病は、記憶やその他の重要な精神機能を破壊する神経変性疾患で、アルツハイマー病協会によると、米国で主要な死因の6番目であり、乳癌と前立腺癌を合わせた数よりも多くの人を殺しています。 この病 […]

カンナビス(CBD、THC)とアルツハイマー病及び認知症に関するイスラエル工科大学の最新研究

Forbes誌によるイスラエル効果大学のデビット教授のインタビュー記事のご紹介。イスラエル工科大学のデビット教授の研究室でカンナビス(CBD、THC)の研究について話しを聞きました。デビット教授は、さ […]

ノーベル賞輩出の研究所がCBDが認知症の原因んとなるアミロイドβの除去の実証を発見

ノーベル賞受賞者を輩出した有名なソーク研究所の科学者が、カンナビノイド化合物(CBD、THC等)が、アルツハイマー病に関連する毒性タンパク質であるアミロイドβの細胞除去を促進するという予備的な証拠を発 […]