タイで始まった、認知症患者らへのCBD処方(タイ保健省)

タイで始まった、認知症患者らへのCBD処方(タイ保健省)

2019年12月Anutin Charnverakul氏(副首相兼公衆衛生大臣) がカンナビノイド(CBD、THC)医療について以下のアナウンスを行いました。 

最新の医学研究では、CBDがほとんどの小児てんかん患者に有効的であると証明されており、また、CBD及びTHCは末期癌患者の痛みに非常に効果的で、同時に睡眠の質と食欲を高める効果もある事が分かっています。

認知症、アルツハイマー病への効果も確認されており、パーキンソン病でもその有効性が確認されています。

これらの有効性が確認された病例につき、2020年1月からカンナビノイドの処方を開始します。

今後さらに医療カンナビノイドの研究を続ける

カンナビノイドは様々な病例の治療法としての可能性を持っています。現在、既に進められている研究に加え新規の研究プロジェクトを立ち上げていきます。

医療サービス局長のSomsak Akkasilp博士を中心に、神経学研究所、 クイーンシリキット国立小児保健研究所 、国立がん研究所にて医療用カンナビノイドの研究が進められており、CBDを投与した小児てんかんの臨床研究では13人中12人に発作の減少が見られました。 また、末期癌患者の臨床研究では、10人中7人が痛みの減少、13人中10人に睡眠の向上、10人中5人に食欲向上が確認されています。

試験管試験ではCBDとTHCが癌細胞を阻害し、正常細胞には悪影響を与えない事が確認されており、肝臓癌、大腸癌、胃癌、乳癌など8種類の癌に効果があることがわかっています。

医療カンナビノイドが国民の健康に貢献出来るように、今後も研究を進めていく予定です。

引用:https://www.thaipost.net/main/detail/53584

CBD-認知症-研究レポートカテゴリの最新記事