カンナビス(CBD、THC)とアルツハイマー病及び認知症に関するイスラエル工科大学の最新研究

カンナビス(CBD、THC)とアルツハイマー病及び認知症に関するイスラエル工科大学の最新研究

Forbes誌によるイスラエル効果大学のデビット教授のインタビュー記事のご紹介。
イスラエル工科大学のデビット教授の研究室でカンナビス(CBD、THC)の研究について話しを聞きました。デビット教授は、さまざまな種類の癌に影響を与えるカンナビス(CBD、THC)の研究で最もよく知られています。今回、カンナビス(CBD、THC)が最も有望だと思う医学領域を尋ねたとき、その答えは驚くべきものでした。

カンナビス(CBD、THC)がどれほどの効果をもたらすか

医療機器, 医学, ラボ, 病院, クリニック, 治療, 診断, 医療機器

すでに知られている痛み、睡眠、てんかん、不安に加えて、驚異的な研究結果があるのは、認知症とアルツハイマー病です。アルツハイマー病と認知症に対して標準的に処方される医薬品治療に関連する問題や、実際の生命にかかわる危険性が、カンナビス(CBD、THC)を特に説得力のある選択肢にしました。

まず第一に、カンナビス(CBD、THC)は生活の質の改善に非常に役立ちます。
不安軽減、睡眠改善、暴力性の軽減。自閉症の子供たちや、PTSDの治療、その他の適応障害にカンナビス(CBD、THC)がどれほどの効果をもたらすかは既に明白で、それらの多くはTHCが非常に低いかまったくない高濃度CBDによってもたらされた効能です。
イスラエルの自閉症の子供たちは、THCの量が非常に少ない成分を摂取し、暴力が減り、睡眠が見事に改善され、不安が減るという効果が見られています。

カンナビス(CBD、THC)は緩和ケア以上の役割を果たす

医療機器, 医学, ラボ, 病院, クリニック, 治療, 診断, 医療機器

私たちがアルツハイマー病患者とその家族の生活の質の向上についてヒアリングすると、アルツハイマー病の人々は怒りと睡眠障害の二重苦に陥っています。このようなケースではカンナビス(CBD、THC)は非常に有用です。

また、癌やルツハイマー病では、カンナビス(CBD、THC)は緩和ケア以上の役割を果たす可能性があると指摘している。彼の研究室が癌の発生を阻止する可能性のあるさまざまな化学薬品とカンナビノイドの組み合わせを研究しており、同時に化合物の神経保護機能も調査しています。

アルツハイマー病では、生活の質に関するすべての緩和的治療に加え、カンナビス(CBD、THC)が認知症と本当に闘うことができるのか、病気自体の記憶や病理を改善できるのでは希望があり、現在では低用量のカンナビス(CBD、THC)が効果的である可能性を示す研究がすでにあります。内因性カンナビノイド系がこのプロセスとアルツハイマー病の進行に関与していることが知られています。したがって、アナンダミドと2AGおよび他のエンドカンナビノイドの減少は、疾患の進行と一致しています。

臨床実験の開始

医療, デバイス, 病院, 機器, ヘルスケア, 健康, 注射器, 楽器, 医学

過去3年間、デビット教授はアルツハイマー病のマウスを使用して一連の研究を進めてきました。

私たちは多くのカンナビス(CBD、THC等)をスクリーニングし、脳内のアミロイド斑を減少させているいくつかの要因を定義しました。また、脳を活性化されるメカニズムが、どのように発生するのか、そしてなぜそれらがプラークを減少させているのかを特定しました。特定のカンナビス(CBD、THC)分子で処理された脳とニューロンのアミロイドプラークによる損傷の改善、およびさまざまなテストで明らかにされた行動の改善が含まれます。

しかし、マウスの脳と人間の脳の間には大きなギャップがあるため、人間の患者で機能するかどうかはわかりませんでした…現在、このギャップを克服するために、デビット教授と彼のチームは現在、患者に対するフルスペクトルカナビスの効果をテストする臨床試験の承認を得る過程にあります。これは、激しい行動、不安、怒り、睡眠障害を伴う重度のアルツハイマー病に苦しむ約80人の患者を対象とした臨床試験です。

引用:https://www.forbes.com/sites/abbierosner/2020/06/18/notes-from-the-cutting-edge-israeli-researcher-dedi-meiri-on-cannabis-alzheimers-and-dementia/#4a932f486ec2

CBD-認知症-研究レポートカテゴリの最新記事