英アルツハイマー病協会がCBDの認知症への効能をレポート

英アルツハイマー病協会がCBDの認知症への効能をレポート

アルツハイマー病の重要な特徴は、アミロイドと呼ばれるタンパク質の塊が脳内に蓄積することです。一部の研究では、CBDの成分が、研究室で成長した神経細胞からこのタンパク質を除去するように見えることを示しています。

アルツハイマー病の症状のあるマウスにTHCとCBDの両方の油を与えた研究では、学習改善を示し、体内のアミロイドが減少が見られました。

これらの研究はCBDオイルの脳への影響を説明しており、いくつかの初期的証拠では、CBDオイルが脳の炎症を軽減する可能性があることを示唆しています。

CBDを認知症治療への取り組み

研究では、高濃度のCBDオイルが、興奮や不安などの認知症の症状のいくつかを管理するのに役立つ可能性があることを示唆しています。

いくつかの小規模な臨床試験では、認知症の行動症状に対するカンナビノイド(THCやナビロンなどの合成カンナビノイドを含む)の影響が評価されています。

引用:https://www.alzheimers.org.uk/about-dementia/treatments/alternative-therapies/cannabis-cbd-oil-and-dementia

CBD-認知症-研究レポートカテゴリの最新記事